当サイトは移転しました。
5秒後に新サイトにジャンプします。

自動転送されない場合は新サイトトップページにアクセスしてください。

寺社を彩る紅葉!フォトコンテストに関してのお詫び

2016年5月21日掲載

昨年末(2015年)に開催いたしました寺社を彩る紅葉!フォトコンテストにおいて、審査漏れ作品があったことが判明いたしました。作品応募者のみなさまに心からお詫び申し上げます。
以後、このようなことがないよう、再発防止に努め、充分に注意し運営してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
なお、今年(2016年)開催いたしました「寺社で華やぐ桜!フォトコンテスト」では、同様の不具合は確認されておりません。

詳細

寺社を彩る紅葉!フォトコンテストの応募作品のうち、一部の応募を受理することができず、審査漏れとなってしまっておりました。
本コンテストでは、応募方法が郵送とメール送付の2種類ありましたが、後者のメール応募を受け付ける当社サーバーでシステムトラブルが発生し、メールでご応募いただいた方の作品を受け付けることができず、ご応募していただいた事実を把握することができませんでした。
しかし、先日メールサーバーの定期調査を行ったところ、未処理の応募メールが発見され、せっかくご応募いただいていたにも関わらず、受け付けができていなかったことが判明いたしました。

急ぎ撮影者の皆様に謝罪のご連絡をいたしました。また、応募いただいた写真の当サイト掲載が可能かどうかお伺いしました。

審査漏れ作品

5月21日現在、許可を頂いたものを掲載いたします。

あるぱ7216さん

本土寺

「紅の世界へ」(本土寺
撮影日時:2015年12月4日

コメント:大門を額縁に見立て、昼ごろの太陽の光がモミジを鮮やかに照らす時をねらって、モミジの世界を行くような感じの観光客の姿を撮りました。

矢切神社

「神道を行く」(矢切神社)
撮影日時:2015年12月4日

柴又から「矢切りの渡し」で矢切り地区へ渡り、矢切りネギなどの畑を望みながら、野菊の墓や矢切り神社などの観光地があります。急な階段を登る と見事な黄葉したイチョウの大木がありますが、矢切り神社のシンボル的な黄葉したイチョウの大木を、観光客を入れて撮りました。