当サイトは移転しました。
5秒後に新サイトにジャンプします。

自動転送されない場合は新サイトトップページにアクセスしてください。

日枝神社(和名ヶ谷)の三匹獅子舞
Three little lion dance in Hie-shrine

日枝神社(和名ヶ谷) Hie-jinja[Wanagaya](shrine)
2015年11月20日公開

準備

日枝神社の三匹獅子舞は毎年9月20・21・22日に行われますが、私は最終日22日(火)に奉納されたものを見学しました。
日枝神社には数段の階段を上った先に100m程度の長い参道があり、その入り口には提灯が吊り下げてあり雰囲気があります。
日枝神社(和名ヶ谷)
右から「奉納鎮守御祭禮(礼)」と書いてあります。

下↓は提灯のあたりから神社社殿の明かりを撮影した写真ですが、参道の長さがお分かりいただけるかと思います。
日枝神社(和名ヶ谷)

参道の途中には「農業繁栄」と書かれた明かりも吊り下げられています。
日枝神社(和名ヶ谷)

そして、舞が奉納される前の社殿です。電灯がいい雰囲気をかもし出しています。社殿の手前に茶色く土が盛ってある場所で三匹獅子舞が奉納されます。
日枝神社(和名ヶ谷)

舞は19時頃から奉納の予定でしたが、始まったのは19時20分頃です。その間、社務所にはガラス扉があるため、準備の様子を見学することができました。
日枝神社(和名ヶ谷)

舞手に太鼓を持たせ、獅子頭をかぶらせ、最終的にはその獅子頭を布で覆います。
日枝神社(和名ヶ谷)
日枝神社(和名ヶ谷)

社務所の入り口では提灯に明かりがつけられ、奉納まであと少しです。
日枝神社(和名ヶ谷)


舞の奉納

19時20分過ぎ、社務所を出発し提灯を先頭に行列が社殿へ向かいます。
日枝神社(和名ヶ谷)

舞手は太鼓を鳴らしながら歩きます。
日枝神社(和名ヶ谷)

そして社殿前の盛り土部分に着くと、舞が始まります。社殿の階段部分には楽を奏でる方達が座っていらっしゃいます。
日枝神社(和名ヶ谷) 日枝神社(和名ヶ谷)

日枝神社の三匹獅子舞は、上半身を左右に捻りながら太鼓を叩き、頭を抱えて悩んでいるような動きを基本に、三匹が同じような動きを取ったり、かがんでは跳ねたりとダイナミックな舞が披露されます。
日枝神社(和名ヶ谷)
日枝神社(和名ヶ谷)
日枝神社(和名ヶ谷)

10〜15cm程度の小さなバチを両手に持ち、三匹で輪になって太鼓を叩く動作がよくあります。
日枝神社(和名ヶ谷)
日枝神社(和名ヶ谷)
日枝神社(和名ヶ谷)


準備中に獅子頭を覆っていた布は演目が進むごとに次第に外されてゆきます。
日枝神社(和名ヶ谷)
日枝神社(和名ヶ谷)

次のページへ 獅子の他にも動物が!?